我々は賢いので。

かんとーちほーのエンジニアの、仕事とか、趣味とか、いろいろなはなし。

新人に読んでほしい技術書はなんですか?

と聞かれたら、ぼくはこう答えます*1

f:id:sugaryo1224:20170905213243j:plain

技術書を読む前にこれ読んどけ

EffectiveJavaよりも前に、ReadableCodeよりも前に、と言うか技術書の前に、まず先にこれ読んどけシリーズ。

※ちなみにぼくは新人にリーダブルコードを勧めるのは反対派です。これに関してはいずれブログで読書感想文書くかも知れません。

木村さんの極言暴論

木村岳史の極言暴論!:ITpro

日経ITProのコラム「木村岳史の極言暴論!」シリーズ。

IT業界、特にSIerの悲惨な現状に焦点を当てて、やや(かなり)過激な文体で問題点に言及する爽快なコラム。 「よく言ってくれた!」と言いたくなるような事をズバズバ書いてくれる。

あわせてtwitter@toukatsujinもフォローしとくと良い。

米村さんのaxiaブログ

残業ゼロのIT企業アクシア社長ブログ - 株式会社アクシア

残業ゼロのIT企業アクシア社長ブログと題した米村社長のブログ。

アクシアさんはブラック企業、現ホワイト企業アワード受賞というなかなか一風変わった会社で、白黒両面からの切り口でハッキリ物を言うスタイルのブログです。 黒かった時代があり、そこから残業ゼロにし、白い会社運営を維持しているという、他に無い実績に基づく貴重な話が聞けます。

あと、チンパンジー*2とかクソリッパー*3とか、色々と面白い単語が飛び出て来る楽しい記事でもありますw

あわせてtwitter@yonemura2006もフォローしとくと良い。

@ITのPressEnter

el.jibun.atmarkit.co.jp

そして何と言っても外せないエンジニアのバイブル、PressEnterですね。

結構長い事連載されており、古くはぼくが新人くらい(もっと前かな?)の頃から連載してるので、現時点では結構な量があります。

ので、幾つかの連載シリーズの中からオススメの作品をチョイスして、それぞれ第一話を載せておきますね。

人形つかい

人形つかい(1) 未知との遭遇:Press Enter■:エンジニアライフ

リーベルGさんの2作目のシリーズ。

本当は1作目から勧めるべきなんだろうけど、内容的に一般ウケしそうなのがどちらかと言うと2作目なので、こっちを先に読み始めると良いと思う。

高慢と偏見

高慢と偏見(1)隣は何をする人ぞ:Press Enter■:エンジニアライフ

前述のスキップした1作目です。

こちらは、一応、フィクションと言うていですが、実際にはとある実在する老害がモデルになっていると思われます。

断言はしません、フィクションと言う事になっていますので。

そうです、我々は賢いので。

その老害が誰とも言いません。

もちろんです、我々は賢いので。

(*‘▽’) すたてぃっくおじさん!すたてぃっくおじさん!!

一部では伝説ともなっているとある炎上祭りがあったんですよ、、、敢えてここでは明言しませんが。

まぁ、少し調べればすぐわかる事ですが。

(*‘▽’) 調べるなよ。

(*‘▽’) 絶対調べるなよ!!ダチョウ倶楽部メソッド)

罪と罰

罪と罰(1) 西からやってきた男:Press Enter■:エンジニアライフ

1作目、2作目は、単純に解り易い悪役がいて、それに対する正義サイドの主人公と言う、少年ジャンプ的な作品と言えます。

それに対して、この「罪と罰」は何と言うかそう言うシンプルな構成からちょっと変わっており、最後も少し後味の悪い引きの考えさせられる作品となっています。

ちなみにこのシリーズは1作目・2作目に比べて圧倒的に長いので、ご注意ください。

※ちなみに、この「罪と罰」に出て来る飛田と言うキャラを主人公にした「飛田ショウマの憂鬱」と言うスピンオフ作品もあります。なお、こっちも結構長いです。


*1:なお、実際にそんな事を聞かれた経験は無い模様。

*2:頭の中身がチンパンジー並みの知能しかない人のこと。

*3:いわゆるクソリプを飛ばしてくる人のこと。

広告を非表示にする