我々は賢いので。

かんとーちほーのエンジニアの、仕事とか、趣味とか、いろいろなはなし。

【備忘録】VisualStudioでの形式選択貼り付けのクラスコード生成について

前段

以前も日記で書いたんだけど。

sugaryo1224.hatenablog.com

VisualStudioのCommunityEditionでも使えるすばら便利機能として、 「形式を選択して貼り付け」という機能がある。

f:id:sugaryo1224:20180530003458j:plain

こいつを使うとXMLJSONとバインドするデータクラスを生成出来て、 ちょろっと手を加えるだけで(好き嫌いの問題がなければ手を加える必要もない)XMLJSONとのデータバインド実装が爆速で完了してしまう。

のだが、それが使えなかった(編集メニューに「形式を選択して貼り付け」が出て来なかった)という事態があったのでそのメモ。

原因

VSCommunityを入れたときに ASP.NET を選択しなかったため。

対応

変更インストールで改めて ASP.NET を追加した。

経緯

そもそも本開発はJava(SpringBoot)/STSなので、VSを入れたのは個人的な趣味(と、作業用ツールづくり)のため。

別にWeb開発する訳じゃないんで必要最小限で良かった。 ので、デスクトップアプリ開発のみ入れた。 のだが、そもそもXMLJSONのコード生成貼り付けはWeb用の機能だったらしく、 こいつを外しちゃったせいで機能が入らなかったという顛末。

(*'▽') インストール作業をケチった結果がコレだよ。