我々は賢いので。

かんとーちほーのエンジニアの、仕事とか、趣味とか、いろいろなはなし。

責任と責任感は明確に区別するべき。(Twitterまとめ)

責任と責任感は明確に区別するべき。

Twitterでスレッド形式で喋って、後からブログにまとめると効率的な事に最近気付きました。

今回はこんな話題です。

まぁ一言で言うと『権限がないなら責任もない』という事です。

無責任と言われても実際責任なんか無いんだからしょうがない。

ちなみに先のスレッドはこういう話に繋がっています。

責任感を持って仕事をする事は重要です、とても大事な事です、それが美徳である事に関しては特に否定はしません。

しかし、責任と責任感は明確に区別するべきものです。

たまに、根が真面目すぎてこの区別を付けられずに、本来不要な責任を責任感で背負い込んでしまう人がいるんですが、それは苦労するよなぁ、、、と思うのです。

その苦労は必要な苦労かというと、どちらかと言うと是正すべき、しなくていい苦労だと思うんですよね。

だって、本来責任を取るべき別な奴が居るんだから、本来はそいつが責任を負うべきじゃないですか。

責任を負うべき奴が責任を追わないってのは、それは給料泥棒なんですよ。

こちらの引用RTで頂いた見解(と、その後のリプライ)が見事に纏まってますね。

あるとしても善管注意義務

善良なる管理者としての注意義務、これを善管注意義務と言います。

アレですかね、少し前の旭川医大とどこぞやのシステム開発失敗の裁判がニュースになってましたし、その時に知った人も多いのではないでしょうか。

ぼくは民法改正の時に色々と調べてて、その時に知ったんですけど。

これは法律用語なので正しい法律の定義はあるんですけど。