我々は賢いので。

かんとーちほーのエンジニアの、仕事とか、趣味とか、いろいろなはなし。

税金を結構持って行かれるらしい。

今年の着地点が見えて来たので、幾つかのサイトで試算してみた。

f:id:sugaryo1224:20181112112218j:plain

税金の試算

だいたい200万前後持っていかれるらしい。
(主に所得税・住民税・健康保険料)

年金はね、固定額で年20万弱だから、上記3つに比べると大した事無いんだわ。

シミュレータ

ちなみに、税金額のシミュレータはこれを使いました。

(個人事業主シミュレーション)所得税・住民税と保険料と手取りをパッと計算! | 税金・社会保障教育

計算結果だけじゃなく、内訳が詳細タブで見れるし、タブの内容が図的で解り易い。
他のシミュレータもう幾つか使って比較してみたけど、これが一番よさげだった。
給与所得用と事業所得用でそれぞれ用意されてるのも良いね。

ふるさと納税

ふるさと納税の上限額計算シミュレータも沢山あるんだけど、まーこっちは計算結果がかなりズレる。

恐らく、入力項目の意味する所がサイトによって違ってて、入力値が正しくないんだろうけど。

と言う事で、今はふるさと納税の控除上限は以下のやり方で調べてる所。

  • 上限額だけじゃなく、所得税額や住民税額も表記されるもの。
  • 表記される税金額と税金の計算結果を突き合わせる。
  • 税金額が一致するものに関しては、控除上限の計算結果も確度が高い。

という。

それとは別に総務省のサイトも見て、自前で計算できるようにした方が良いかな、とも思ってるんで並行してそっちも準備中。