我々は賢いので。

かんとーちほーのエンジニアの、仕事とか、趣味とか、いろいろなはなし。

極東島国のイエローモンキーが言ってる「うまみ」とやらについて。(Twitterまとめ)

美味しいものを食べてこその、人生なのですよ。

というのは、ぼくの大好きなけものフレンズアフリカオオコノハズクのふれんず、ハカセの言葉。

f:id:sugaryo1224:20180429225243j:plain

美味しいものを食べて生きる幸福というのはぼくの人生観の中でもとても大きな部分を締めている重要な概念であり、必然的に「おいしいもの」「おいしさ」というものを日頃からよく考えているのです。

で、今日はちょっとTwitterのひょろわーさんと下北沢にカレーを食べに行ったんです。 まぁ、これはちょっと諸事情(目的のカレー屋さんは長蛇の列でランチタイムLOが近かった)あって結局断念して他の店に行ったんですが、その時に色々と話をしたのをTwitterで改めて纏めました。

詳しくは上記スレッドを御覧ください。

ちなみに

上記スレッドで言っている事ですが、Wikipedia先生で確認してみました。

Wikipedia うま味の歴史・発見・認知

日本の学者の主張するうま味の存在は、多くの欧米の学者には懐疑的に受け止められ、うま味なるものは塩味・甘味などがほどよく調和した味覚に過ぎないと考えられていた。

しかし、2000年に舌の味蕾にある感覚細胞にグルタミン酸受容体(英:mGluR4)が発見されたことによって、俄然うま味の実在が認知されるに至った。

ということで、長い人類の歴史の中でも、世界に「うまみ」が認知されたのは西暦2000年の事、つい最近の話なんですね。

で、

この話にはまだ続き(と言うかそっちが本題)があるんですが、今回はここまで。